クルーズ全般

【モチベーション】世界一周経験者の選ぶおすすめクルーズ船④

世界一周クルーズTOP4

こんにちは。ゆっきぃです🙂

このコーナーでは世界一周クルーズ経験者が様々な疑問に答えていきます。

4回目の今回は世界一周中のモチベーションについて。

長旅での気持ちの変化はモチベーションにどう影響するのでしょうか。

 

航路と気持ちの変化

どの航路でも120%楽しむために、事前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

航路を選ぶ際は、回る順番と、気持ちの変化にも注意して考えると、より充実した船旅がおくれます。

 

前半戦の楽しみ方

モチベーション

世界一周した経験上、行きたい場所が初めの方にあったほうが飽きずに、テンションが高い状態で楽しめます。

非日常が100日間も続くと、それが日常になってしまい、ドキドキ感が薄れ、どうしても中だるみしてしまいます。

 

自分の場合

自分の場合は、北半球の西回りコースだったので、以下のような感じでした。

  • 東南アジア:ドキドキするぜ😆
  • ヨーロッパ:ワクワクが止まらない🤩
  • 北アメリカ:ガツガツ行こう😛
  • 中南米  :ふーんこんなもんか・・・😑

 

東南アジアは全て一度は行ったことがある国でしたが、船に乗り始めの頃だったので、初めての人達と一緒の自由行動は、ドキドキでした。

ヨーロッパは、行ったことのない国や、気になる歴史や文化やに満ちあふれていて、ワクワクして楽しめました。

北アメリカは、目一杯楽しんでやろうと、船を離脱して、ガツガツ観光しました。

そして力尽きたのが中南米。行ったことがないので楽しみだったのですが、毎日がハイライトのオンパレードで、世界遺産を見ても以前ほどは驚いたり感動しなくなりました・・・

ケイマン諸島の青い海、コスタリカの深い森、キューバやコロンビア、メキシコの古い町並みはどれもとても素晴らしかったので、今思うともっと楽しんでくれば良かったなぁと思います😓

 

 

後半戦の楽しみ方

反対に、後半に回った国のほうが良かった点もあります。

 

共通の趣味を持つ友人

friends

趣味の公演やセミナー、デッキでの散歩、居酒屋などに顔を出すうちに、次第に同じ様な行動パターンの人と話す機会が増えてきます。

後半に差し掛かったほうが船内でその様な気の合う友人ができ、寄港地でも賑やかに楽しむことができます。

ショッピングが好きであればみんなでワイワイ出掛けるもよし、異文化や歴史、少数民族との交流に興味がある人は、同じ趣味の人同士で語り合えば、より深い知見を得られるでしょう。

 

時間をかけて楽しむ趣味

スケッチ NY

また太平洋や大西洋、インド洋と言った大海を渡る間はどうしても船内生活の時間が長くなります。

実際に自分が乗った時のスケジュールは、8/7にアメリカのシアトルを出て、太平洋を横断して北海道の釧路に寄港したのが、なんと8/19でした。

その間実に連続12日間の船内生活になります。

アラスカの近くを通っていたので、激しい船の揺れと極寒であまり外には出られません。

読書や将棋、マージャン、カードゲーム、映画のDVDやゲーム機など自分なりに何か時間を潰す物が必要になってきます。

3ヶ月という時間の中で、新しい趣味に挑戦する方も多く、水彩画や楽器、社交ダンスなどを始める方もたくさんいらっしゃいました。

船の中での限られた空間の中でも、なにか楽しめるものを用意しておくとのがポイントです。

 

初の海外旅行

世界一周のクルーズと聞くとどうしても、旅慣れた人が次のステップに参加するものと考えるかもしれません。

しかしながら、海外旅行自体が初めてで、せっかくだから最初に全部回っちゃおう!という考えの方が1割くらいはいらっしゃいました。

海外旅行の経験が浅い方にとっては、行きたい国を後半に盛り込んだほうが、旅慣れてきて楽しめるかもしれません。

 

 

次回予告

次回は、気になるクルーズ船の健康管理について。

かかりやすい病気とウィルス対策についてお伝えします。

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう👋

 

ABOUT ME
ゆっきぃ
2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。