医療

おすすめ海外輸入薬(美容・美白・AGAなど)

こんにちは。ゆっきぃです🙂

今回は、海外通販でおすすめの商品をご紹介します。

海外通販は、不良品が多いとか、偽物が出回っているなど、よく注意喚起されています。

そこで自分が使ってみて安心できたものを中心にご紹介していきます。

今回利用するオオサカ堂は有名な個人有入代行業者で20年以上の歴史があります。

賛否両論あるのは事実ですが、これまで何回も注文しており、特にトラブルには有っていないので基本的には問題ない業者だと認識しています。

なお購入は医薬品の個人輸入になります。

個人の責任のもと、お気をつけてお買い求めください。

 

美容(美白、シミ対策)

ハイドロキノン、トレチノイン、脱毛用の麻酔クリームをご紹介します。

 

ハイドロキノン(美白)

ハイドロキノンはメラニン生成を抑制し、肌を白くする美白効果があります。

 

以下、画像クリックで販売サイトに飛びます。

 

ユークロマクリーム4%


ハイドロキノン4%配合のクリームです。

 

 

ユーロマクリームKJ(肝斑)


こちらのKJは、ハイドロキノンにコウジ酸が含まれています。

コウジ酸は女性の天敵、肝斑に効果を発揮します。

 

 

トレチノイン

トレチノインは、肌の生まれ変わり周期を早める、ターンオーバー効果が期待できます。古い角質を落とし、新しく再生した透き通ったきれいな肌になります。

 

エーレットジェル


トレチノイン配合のクリームです。

効き目が強いので0.025%がおすすめです。

 

 

ハイドロキノン+トレチノイン

一度に塗れて相乗効果が期待できる組み合わせです。

コスメライトクリーム


ハイドロキノン(美白)+トレチノイン(ターンオーバー)+モメタゾン(抗炎症成分)が一本に配合されているお得な製品です。

 

 

皮膚麻酔(キシロカイン・リドカイン)

レーザー脱毛の際に皮膚感覚を鈍くすることで、痛みを軽減します。

 

ラクサールクリーム


脱毛クリニックで販売しているエムラクリームのジェネリックです。

成分は同じキシロカイン(リドカイン)で、実際に使用してみたところ効果は変わりませんでした。

エムラクリームは5gで3000円ほどと高価です。

効果を実感するためにはたっぷり塗る必要があり、範囲によりますが1,2回の施術で5mg1本を使い切ってしまうこともあります。

ラクサールクリームであれば、30g入っていますので、同じ値段で10回程度も使えるので、大変お得です。

ワキなど毛が太い部分は、塗った箇所をサランラップで巻くなど工夫すると効果が高まります。

 

キシロカインスプレー


キシロカインクリームは効果は強いのですが、厚めに塗る必要があり、その状態を通常30分~1時間程維持しなければなりません。

スプレータイプであれば、目立たないため、白塗りに出来ないときなどに重宝します。

効果はクリームをよりは若干弱い気がしますが(薄めに塗ったときぐらい)、十分な効果が得られます。

 

痛みが心配な場合は、クリームとスプレーをダブルで使うと効果的です。

  1. 目立たないので電車に乗る前にスプレーする(1時間前)
  2. 駅についたら化粧室でクリームを塗る(30分前)
  3. そのままクリニックに行って落とす(施術直前)

 

 

AGA(薄毛・脱毛)

AGAは主に40代から気にされる方が急増しますが、原因の多くはもっと若い時期にあります。

20代後半から30代にかけてケアすることで、効果的に予防することが出来ます。

プロペシアは、髪が抜けるのを防ぎ、ミノキシジルは髪の発育を助けます。

男性の脱毛の場合、ダブルで使うと効果的です。

 

フィナステリド(プロペシア)

有効成分フィナステリド(プロペシアの名前で販売)は、男性ホルモンに作用し、髪が抜け落ちるのを抑制します。

毛髪はだいたい2年周期で生え変わりますが、毛根が新しく髪を作り出せるのは、40回程度と言われています。

AGAの場合ホルモンが関係し、髪の寿命が3ヶ月程度で抜けてしまうことがあります。

細い毛のまま十分に発育することなく抜けてしまうので、薄毛の原因になります。

抜けたら新しく生え、また抜けることを繰り返すと、短いサイクルで毛根の生成限界40回を使い切ってしまい、二度と生えてこない死んだ毛根になります。

薄くなっていなくても、抜け毛が気になりだしたら、早めに対策することがおすすめです。

なお、フィナステリド(プロペシア)は、女性の方は使えない(触ってもダメ)ので注意!!

 

フィンペシア

フィナステリド(プロペシア)のジェネリックです。

 

 

フィナロイド

フィナステリド(プロペシア)のジェネリックです。

 

 

ミノキシジル

こちらは、血行を良くして頭皮の毛根に栄養を届け、髪の発育を促します。

男女共にに使用可能です。

 

ミノキシジルタブレット

こちらは飲む錠剤タイプのミノキシジルです。

日本人であれば2.5mg程度が丁度いいと思います。

 

 

こちらは10mgなどで一度に飲むには量が多いのですが、ピルカッターで4つに割って2.5mgずつ飲むと、コスパに優れています。

 

 

ミノキシジル(外用薬)

ミノキシジル配合の塗るタイプ。

日本国内ではリアップやスカルプDなどでおなじみの発毛剤です。

内服薬の副作用が心配な方は塗り薬が手軽に試せておすすめです。

ミノキシジル水溶液は、通関規制対象です。

1本購入後4週間、2本購入の場合は8週間以降でないと購入できません。

期間内であった場合、税関にて没収されます。

また、同じ成分が含まれていれば、異なるメーカーのものや、他サイトからの注文に関しても全て対象となります。

内服薬(タブレット)に関しては、水溶液ではないため、規制の対象となりません。

 

ロゲイン

ジョンソン・エンド・ジョンソンの子会社が発売している海外ではメジャーな製品です。

 

ロゲイン(女性用)


こちらはロゲインの女性向けの製品です。

 

 

カークランド

ロゲインのジェネリックです。

2本セットで大変お得な製品です。

スポイトで頭皮に垂らして塗り込みます。

 

 

プロペシア+ミノキシジル


フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルのお得なセットです。

セットで使用することにより、髪を抜けにくくするとともに、強くしっかりした太い毛髪を生やすことが出来ます。

 

なおこちらは、フィナステリド(プロペシア)が含まれますので、女性の方はお使い頂けません。

 

ミノキシジル10mgのお得なセットもあります。

1回分としては量が多い(体格の大きい外国人向け)ので、分割して使いましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は実際に自分が使ってみた商品を中心に、安心できたものをご紹介しました。

ジェネリックは市販の半額以下で購入することが可能ですので、賢く使っていきましょう。

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう👋

ABOUT ME
ゆっきぃ
2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。