クルーズ全般

ピースボートの持ち物を解説【着る物リスト準備編】

こんにちは。ゆっきぃです🙂

船に持っていくものって、何が必要か気になりますよね。

今回は特に着るもの(衣類)についてクローズアップしていきます。

リストはまとめに掲載しています。ご活用ください。

 

これまで述べ7万人が参加!
ピースボートの資料請求はこちらから(無料)

 

何を持って行く?~持ち物の準備~

乗船前にもらった持ち物リストはこんな感じです。

  1. 貴重品(お金・カード・パスポート・保険証)
  2. 医薬品(風邪薬・日焼け止め、マスク)
  3. 衣類(夏冬・下着・雨具)、靴(サンダル・スニーカー)
  4. 洗面用具(歯ブラシ・化粧品・スポーツタオル)
  5. 日用品(時計・寄港地用バッグ・水筒・文房具)
  6. ピースボートの資料(ツアーパンフレット)
  7. 趣味、暇つぶし(本・楽器・特技)
  8. 電化製品(変換プラグ・携帯充電器・カメラ)
  9. その他

 

他にも、乗ってみて自分が必要だと感じたもの、
あったらいいなと思ったものは付け足していきます!

着るもの(衣類)

普段着は、どんな衣類が必要?

まず一番荷物でかさばるのが、衣類です。

航海では様々な気候の地域を巡るので、
着るもの一つとっても、迷うことになります。

 

暑い地方

Tシャツ、短パン、麦わら帽子にビーチサンダルが似合う熱帯の島にも行きます。

(写真は青い空と海が最高な、カリブ海にあるケイマン諸島のセブンマイルビーチ)

  • Tシャツ・ポロシャツ 5枚くらい
  • 夏用ズボン・スカート・短パン 3枚くらい
  • 薄手の羽織るもの(カーディガン・パーカー)
  • 半そでパジャマ
  • 下着・靴下 1週間分
  • 帽子・サングラス
  • 水着

 

寒い地方

反対にコートに手袋、マフラー、ニット帽など防寒具が必要な北極圏まで様々です。

(北極圏からカナダにかけての南下中に出会った流氷)

  • 長袖シャツ 5枚くらい
  • インナー(ヒートテックなど)5枚くらい
  • 冬用ズボン・スカート 3枚くらい
  • 室内用上着(パーカー・トレーナー)
  • 厚手のジャケット(ジャンバーやダウンなど)
  • 長袖パジャマ
  • 下着・靴下 1週間分
  • ニット帽・手袋

 

体調管理に注意

船の航路は東西に一周しますが、それだけではありません。
南北にも大きく移動します。
数日のうちに季節が変わったように気温が変化することも。
上の写真は、実際に10日間での変化です。

体調を崩さないように、暖かい格好も十分に用意してください。
涼しい恰好はTシャツさえあれば、なんとかなります。
回りでは、ほとんどの人が一回は風邪をひいていました。

ちなみに自分は衣替えを4回しました。

  • 5月上旬
    日本出発
    薄着で行ったら海の上は案外寒くて長袖を出す。
  • 5月中~下旬
    東南アジア~赤道
    いきなり暑くなりました。体調を崩す人多数。
  • 6月上~中旬
    地中海~南ヨーロッパ
    過ごしやすい陽気です。
  • 6月下旬~7月上旬
    北欧~北極圏
    涼しくなってきたと思ったら極寒になりました。
  • 7月中~下旬
    アメリカ南下~北上
    カナダから南下し、赤道を通って、またシアトルまで北上。
    また急に熱波にやられます。ゆっきぃキューバでダウン。
  • 8月上旬~中旬
    太平洋横断
    再び極寒の地に。暖かいのをイメージしてたらアラスカ・・・
  • 8月下旬
    北海道~横浜
    極寒の地から日本の猛暑に戻りました。
    最初サウナみたいに息が苦しかった😅

 

足りないものは、現地でも買える

足りなさそうであれば途中の寄港地で買うこともできます。
船でもTシャツ、浴衣、パーカー、ハッピなど日常の物は売店でそろいます。

前半のアジアでは、みなさん薄いパンツを買っていました。
着心地が楽なので、船でのホームウェア(普段着)に最適です。

こんな感じの↓


自分は、冬服をあまり持っていなかったので、北欧で買い込みました。
オシャレな服が港のショッピングゾーンではセール価格で売ってたりします。

ZARAなども本場のスペインで買った方が安いです。

 

オシャレ着も必要です。

フォーマルパーティー

レストランでは月に1度はフォーマルのディナーの日があります。
その際はスーツやドレスなどのオシャレ着が必要です。

パーティイベントもたまにあります。
誕生日にフォーマルで着飾っている方もいました。

浴衣や民族衣装

船では夏祭りや七夕などのイベントがあります。
浴衣や着物、民族衣装を持ってきている方も大勢いました。
必ず必要ではありませんが、あると楽しめます。

民族衣装は、各寄港地ごとに購入しても楽しいと思います。
現地で安く手に入れることが出来ます。

 

ファッションショーやダンス大会もありました。

 

自作の華やかなドレス数十着を披露したご婦人もいました。
素敵ですね!荷物凄そうです(笑)

 

運動会もあります。
チームごとにおそろいの色のTシャツを着て参加しました。
Tシャツは売店で購入している方も多かったです。

ちなみに自分は、二人三脚と綱引きに出場。
大縄跳びや玉入れなんかもありました。
青組でしたが、見事優勝です!

 

船内ではあまり動かないと運動不足になります。
ジムに通ったり、デッキでウォーキングしている人もいました。
フットサルやテニス、バレーなどの練習も定期的に行われます。

有料ですが、ゴルフの打ちっぱなしもありました。

スポーツウェア(Tシャツ・短パン・ジャージ)
などもあると役立つかもしれません。

 

洗濯・乾燥

着るもの余裕を持って多めに持って行くのもも重要ですが、
長期間の船旅なのでこまめに洗濯することになります。

 

若い方は皆さん洗面所で洗って、部屋に干していたようです。

 

 

うちの部屋ではほとんどランドリーに出していました。

一度に30点まで専用のランドリーバッグに詰められます。
洗濯が1回300円なので、5~7日分をまとめて出せると経済的。
部屋の掃除の際に回収し、だいたい2~3日で返ってきます。

そのため、下着類は10日分、服は7日分持っていきました。

 

洗濯の注意点として、かなり生地が痛みます。
Tシャツはユニクロ、ワイシャツはアオキなど、安めのものが無難です。

実際、高い服がしわくちゃになっている人もいました。
日本品質のクリーニングは期待できません。
きれいにたたんではくれますが、あくまでも洗うことが目的。

ある程度割り切って、使うのが大切です。
出すときは高価な衣類でないか、気を付けましょう。

 

 

アイロンは貸し出しタイムに無料で使えます。
専用の部屋で掛けることになるので、順番待ちでものすごく混みます。

履くもの

履くもので必要なのは、以下の3つ。
船なのでそれほど荷物にはなりません。

  • スニーカー(寄港地用の歩きやすいもの)
  • サンダル・スリッパ(船内・室内用。軽いクロックスが便利)
  • パーティ用シューズ(革靴・ドレスシューズ)
  • 運動靴(必要な人のみ。ジム・フットサル・ウォーキング用)

使用頻度
スニーカー :25回前後(寄港地ごと)
サンダル  :ほぼ毎日
パーティ用 :5回くらい

パーティ用はちゃんとしたのを1足は持ってきておいた方がいいです。
浴衣・着物はサンダルでもいいし、こだわってもいいと思います。

 

雨具

ハイキングを計画されている方は使い捨てのビニールのカッパがあると安心。
レインコートまでは、いらないかなと思います。

折り畳み傘は必要です。熱帯は毎日スコールもあります。

長靴はあってもいいけど、履いている人は見かけませんでした。
雨でスニーカーが濡れても、次の寄港地まで乾かす余裕があります。

まとめ

一般の旅行と違い、荷物に制限がないところも船の旅の醍醐味です!

ただし4人部屋だと置ける荷物には限りがあるので注意。
喧嘩になります

衣類のまとめ

夏服

  • Tシャツ・ポロシャツ 5枚くらい
  • 夏用ズボン・スカート・短パン 3枚くらい
  • 薄手の羽織るもの(カーディガン・パーカー)
  • 半そでパジャマ
  • 下着・靴下 1週間分
  • 帽子・サングラス
  • 水着

冬服

  • 長袖シャツ 5枚くらい
  • インナー(ヒートテックなど)5枚くらい
  • 冬用ズボン・スカート 3枚くらい
  • 室内用上着(パーカー・トレーナー)
  • 厚手のジャケット(ジャンバーやダウンなど)
  • 長袖パジャマ
  • 下着・靴下 1週間分
  • ニット帽・手袋

  • スニーカー(寄港地用の歩きやすいもの)
  • サンダル・スリッパ(船内・室内用。軽いクロックスが便利)
  • パーティ用シューズ(革靴・ドレスシューズ)
  • 運動靴(必要な人のみ。ジム・フットサル・ウォーキング用)

その他

  • 雨具(折り畳み傘・ビニールがっぱ)
  • フォーマルウェア(スーツ・ドレス)
  • 浴衣・甚平(お祭り用)
  • 着物・民族衣装
  • スポーツウェア(Tシャツ・短パン・ジャージ)



次回予告

ピースボートに持って行くもの 趣味編
をお送りします。乞うご期待!

https://he-lab.com/entry/peaceboat-baggage-hobby/

ABOUT ME
ゆっきぃ
2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。