船の食事

Day54 ピースボートの食事って、おいしいの?【ベルゲン(ノルウェー)編】

 

こんにちは。ゆっきぃです🙂

ピースボート地球一周106日間のごはんを全公開していくこのシリーズ、

今回は、54日目(6月30日)の食事をご紹介します。

 

 

これまで述べ7万人が参加!
ピースボートの資料請求はこちらから(無料)

 

では、早速いってみましょう。

 

モーニングメニュー(朝ごはん)

朝はパノラマリドリージェンシー3カ所から選べます。

朝のメニュー自体は基本的にいつも同じです。
(卵の調理法、ハム・ベーコン、フルーツの種類などが変わります)

※食事のメニューはクリックで開きます。

パノラマ(9F)、リド(9F)


  • パン各種
  • フレンチトースト、パンケーキ
  • タマゴ(目玉焼き、スクランブルエッグ)
  • チーズ、ベーコン、ウィンナー
  • ハッシュドポテト
  • サラダ
  • デザート(ヨーグルト、フルーツ)
  • 飲み物(ジュース、ミルク、お茶、珈琲)

 

リージェンシー(4F)


  • ごはん(白米・玄米・おかゆ・ふりかけなど)
  • パン
  • みそ汁、スープ
  • お惣菜(その日によって変わります)
  • 点心(シュウマイ、小籠包、中華饅頭)
  • サラダ
  • デザート(ヨーグルト、フルーツ)
  • 飲み物(ジュース、ミルク、お茶、珈琲)

本日のお惣菜は、がんもどき、ベーコンとキャベツの炒め物、ゆで卵、納豆。

果物は、グレープフルーツです。

 

白夜とフィヨルドの国ノルウェー

ノルウェー王国は、スカンジナビア半島の西側に位置する立憲君主制の国家です。

北欧型の高負担・高福祉の福祉国家として知られており、2014年のOECDの人生満足度ではスイスに次いで第2位になりました。

 

 

ルスの祭り

ノルウェーの高校生は、4月から5月の1ヶ月の間、何をやっても許されるルスという面白いイベントがあります。

この期間の間にノルウェーを旅行した人は変なことをしている学生を見られるかもしれません(笑)

 

 

港町ベルゲン

今回の寄港地ベルゲンは、ノルウェー最大の港町。

そして、首都のオスロに次ぐ、第二の都市です。

世界遺産のブリッゲン地区は中世にはハンザ同盟の重要な中継地として倉庫街や、市場が栄えました。

 

フロム鉄道とハイキングツアー

今回は、ソグネフィヨルドの街フロムを列車で訪れるツアーに参加しました。

ちょっと高めでしたが、鉄道に乗ってみたいのでツアーを予約しました。

フロム鉄道はノルウェー国鉄の最高傑作と言われており、車窓からの絶景が楽しめます。

ハイキングは鉄道を途中下車して6km(約2時間30分)ほど歩きます。

 

ツアー情報
  • 32,000円
  • 約10時間
  • 昼食一回
  • 定員60名

 

バスと鉄道を乗り継いで

フロム鉄道の駅までは、港からバスと電車を乗り継いで行きます。

 

こちらは、バスを降りて最初の電車に乗る駅です。

ソワソワしててあまり見ていなかったのですが、おしゃれな外観ですね。

 

 

駅のトイレに入ろうとしたらクレジットカード式です。

決済に手こずります。

日本のクレジットカードは非接触式(スイカみたいなタッチ式)ではないので不便ですね。

すると乗る電車が直ぐに来てしまいました・・・

時間がないので、扉を閉めずに、使い回しちゃいました😓

 

 

こちらが最初に乗り込んだ電車。

フロム鉄道ではありませんが、景色が綺麗です。

左側に乗ったら風景がひたすら山の斜面だったので、右側が良いです。

 

 

車窓からの景色。

窓の外の丘にはまだ雪が残っていました。

訪れたのは6月30日で、気温自体は半袖でも十分です。

 

本日は、男性1人、女性3人のグループになりました。

こういう時、平静を装うもののなんだか緊張しますね(笑)

ピースボートは女性の方が多いので、男性は自分1人に対して、女性複数というグループで行動することも多かったです。

 

 

ランチメニュー(昼ごはん)

昼はパノラマリドはお休み、リージェンシーのみ営業です。

リージェンシー(4F)

  • かやくごはん
  • 豚肉と卵の炒め物
  • おでん
  • 茄子と野菜の煮浸し
  • 野菜の天ぷら
  • 小うどん
  • サラダバー
  • ライス
  • パン
  • 日本茶、珈琲、紅茶

 

車内でお昼ごはん

駅で配られたランチボックスを頂きます。

サーモンのラップサンド、ポテトサラダ、ヨーグルト、りんご。

 

向かいの席に座ってた子が、サーモンが苦手。

一本もらいました。

ラッキー!

 

そして、隣の席に座ってた子が、りんごが苦手。

一個もらいました。

ラッキー(笑)

りんごはハイキング中の食料として取っておきます。

 

 

フロム鉄道に乗車

ミュルダルの駅で、先ほどの赤い電車から、緑色のフロム鉄道に乗り換えます。

この鉄道はここから20km離れたフロムまで864mの高低差があり、世界一急な勾配とされています。

フロム鉄道は左右どちらの窓からも絶景が楽しめます。

 

 

暫く走ると滝の前で停車。

みんなで降りて滝を見に行きます。

滝のすぐ脇が鉄橋になっており、そこから見ているため、水しぶきを全身に浴びます。

気持ちいい!!

 

右の岩の上(四角い穴が空いているところ)で踊っている天女(デヴィ夫人)の様な人がいました。

滝に負けじと必死に踊っていましたが、別にそんなショーはいらないような(笑)

 

 

しばらく走って山間を抜けると、眼下には綺麗な川が流れています。

この先で、ハイキング組は途中下車しました。

 

 

かわいい北欧の街をハイキング

町の教会。

黒く塗られています。

木造なんで腐敗防止に、このあたりではタールを塗っているそう。

 

 

水が透き通っています。

しばらくは川沿いを進みます。

 

 

山の方から流れてくる別の小川もありました。

フィヨルドへと流れ込みます。

 

 

フィヨルドの奥に位置する人口400人ほどの小さな町フロムが見えてきました。

 

 

フロムの駅とツーリストセンター。

遊覧船乗り場や様々なショップもあります。

 

 

歩いてきて暑かったのでジェラートを買いました。

カップにしたけど、コーンもちゃんと乗っけてくれました。

他のお店でもこうやって両方くれればいいのに~。

 

一時間ほど自由行動をした後、バスで船に帰ります。

フロム鉄道は高いので、ツアーで乗るのは片道のみのようです。

 

 

帰り道の途中にも滝がありました。

すぐ近くまで歩いていけました。

 

ディナーメニュー(夜ごはん)

夜はリドリージェンシー2カ所から選べます。

リド(9F)

  • とり天丼
  • 高野豆腐と茸の味噌汁
  • 本日のお惣菜
  • 香の物
  • 玄米茶・珈琲・紅茶

リージェンシーと同じメニュー。

ただし杏仁豆腐はつきません。

リージェンシー(4F)

Appetizer

  • 肉じゃが
  • 茄子漬け

Soup

  • 高野豆腐と茸の味噌汁

Main Course

  • とり天丼

Dessert and Beverage

  • フルーツ杏仁
  • 珈琲・紅茶・玄米茶・ジャスミン茶

とり天はなかなか美味しそうですが、せっかくなのでマーケットへ出掛けて食べることにしました。

 

世界遺産 ブリッゲン地区

1979年に世界遺産として登録されました。

ブリッゲンは、ノルウェー語で埠頭という意味。

ハンザ同盟時代のカラフルな木造倉庫がならんでいます。

 

マーケット

新鮮な魚介類が並びます。

値段は安いというわけではなく・・・

むしろ高い!!

 

2018年のレートは1クローネが14円くらいだったので、

牡蠣820円

帆立1,120円

うに1,380円

ロブスター8260

ってとこでしょうか😨

 

ノルウェーの物価は世界一高いらしいです。

マクドナルドの値段は日本の倍で、ベーコンレタスバーガーのポテトとドリンクのセットは1,300円くらいします。

水300~500円、缶ビール500円、バーのビール800~1,000円

 

サーモンと海老のサラダディッシュを食べました。

こちらは2,800円くらい。

 

 

ベルゲン・フィッシュマーケットのオリジナルビールもありました。

 

ボトルが欲しくてVOSSのミネラルウォーターを買ったんですが、1,000円以上しました。

が・・・2週間後にアメリカで200円で見かけました(笑)

 

 



明日も、引き続きノルウェーです。

今度は、ピースボートで海からフィヨルドを訪れます。

 

それではまた、次回Day55の食事ブログでお会いしましょう👋

 

Day55 ピースボートの食事って、おいしいの?【ソグネフィヨルド編】 こんにちは。ゆっきぃです🙂 ピースボート地球一周106日間のごはんを全公開していくこのシリーズ、 今回は、55日目(...
ABOUT ME
ゆっきぃ
2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。