PC

右クリックメニュー ショートカット追加方法【Windows10】

right_click00

こんにちは。ゆっきぃです🙂

Windowsで指定したアプリからファイルを開きたい時は、通常マウスを右クリックして、プログラムから開くを選択します。

毎回この動作をするのは面倒です。

そこで、右クリックメニューに、ショートカットを追加することで、一発でメモ帳で開いたり、ペイントで開いたりできるようにしましょう。

 

右クリックメニューへの項目の追加

今回は、テキストファイルをメモ帳で開く方法を例にとって説明します。

ペイントや、その他のアプリの場合も同様に読み進めてください。

 

「プログラムから開く」方法(通常)

①開きたいファイルを右クリックする。

②メニューのプログラムから開くに移動。

③一覧のメモ帳(実行したいアプリ)をクリック
一覧に無ければ別のプログラムを選択から選びます。

 

右クリックメニュー

この右クリックメニューの中に、メモ帳で開く」のショートカットを追加します。

 

操作方法

レジストリの設定準備

レジストリエディターを起動します


 Windows
キー を押しながら  R キー を押します。

 

ファイル名を指定して実行ウィンドウが開きます。

名前に regedit と入力し、OKを押します。

 

 

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

と聞かれるので はい をクリックします。

 

 

レジストリエディタが起動しました。

 

 

該当の場所(パス)に移動する

次に、レジストリエディターで設定が書かれている場所に移動します。

コンピュータ」⇒「HKEY_CLASSES_ROOT」⇒「」⇒「Shellへ移動します。

right_menu02

クリックして、順番にたどってもいいですし、

レジストリエディタの赤枠の箇所に以下の文字列コピー&貼り付けし、
 Enter キーを押すことでも移動できます。やりやすい方でどうぞ。

HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell

なお、コピーは、 Ctrl キーを押しながら、キー、
貼り付けは、 Ctrl キーを押しながら、 V キーでも可能です。

 

 

レジストリのバックアップ

システムの設定に変更を加える前に、必ずバックアップを取ります。

これにより、変更が原因で不都合が起きたときに設定を元に戻すことが出来ます。

レジストリ は、Microsoft Windows オペレーティングシステムで用いられている設定情報のデータベースである。

OSに関する基本情報やアプリケーションの設定、拡張情報などのほか、拡張子の関連付け、ユーザパスワードなども保存されている。

Windows 95およびWindows NT以降で主流となった。

参考:Wikipedia

 

 

shellを右クリックし、エクスポートをクリックします。

 

 

レジストリファイルのエクスポート画面が開きます。

保存場所(デスクトップやマイドキュメントなど)を選びます。

ファイル名をつけます。写真は、backupという名前にしました。

保存ボタンをクリックします。

right_menu04

 

右クリックメニューの追加


Shell
を右クリック ⇒ 新規 ⇒ キー をクリックします。

right_menu05

 

 

Shellの中に 新しいキー#1 が作成されました。
これが、右クリックメニューの表示名になるので、わかりやすい名前をつけましょう。

right_menu06

 

写真では、メモ帳で開くにしました。
なお、新しいキー#1を右クリックし、名前の変更を選択すれば、再度変更できます。

right_menu07

 

 

次に、今作成した新しいキー(メモ帳で開く)を右クリックし、
先程同様に、新規 ⇒ キー をクリックします。

right_menu

 

 

メモ帳を開く の下に、新しいキー#1が階層構造で作られました。

新しいキー#1の名前Command に変更します。

right_menu

 

 

メモ帳の場所のパスをコピーする

メモ帳を起動するため、アプリがインストールされている場所を探します。

他のアプリを登録する場合は、そのアプリの場所(パス)を指定してください。

 

レジストリエディターはそのままにして、以下の操作をします。
(パスが直接わかる方は、次の見出しまで読み飛ばしてOKです)

スタートボタンをクリック

Windowsアクセサリを選択

メモ帳右クリック

その他を選択

ファイルの場所を開くクリック

right_menu

 

メモ帳のショートカットがあるフォルダが開きます

メモ帳のショートカット右クリック

②メニューにあるプロパティをクリック。

right_menu
メモ帳で開くが、追加されていますね。
まだ項目のみなのでクリックしても起動しません。

 

 

メモ帳のプロパティが開きました。

ショートカットタブのファイルの場所を開くをクリックします。

right_menu

 

 

たくさんのアイコンがあるフォルダが開きました

メモ帳の本体は、notepad.exeという名前です。
(.exeは非表示の場合もありますが、問題ありません)

notepad.exeを、 Shift キーを押しながら右クリックします。
(右クリックのみの時とは異なるメニューが開きます)

パスのコピークリックします。

right-menu13

 

 

commandにパスを設定する

ここからまた、レジストリエディターに戻ります。

Commandをクリックします

右のウィンドウ(規定)右クリックします。

③メニューの修正をクリックします。

right_menu

 

 

文字列の編集画面が開きます。

下の段の値のデータ欄に、先ほどコピーしたメモ帳のパスを貼り付けます。

 Ctrl キーを押しながら、 V キーで貼り付けできます。
(値のデータ欄を右クリック、貼り付けでもペースト可能)

right_menu

例えばペイントの場合のパスは、以下になります。
“C:\WINDOWS\system32\mspaint.exe”
登録したいアプリに合わせて指定してください。

 

 

今貼り付けたパス(~.exe”)の後ろに、 “%1” を追加で入力します。

“%1″の前には、半角のスペースが入ります

入力できたらOKをクリックします。

right_menu
ファイルパスだけだと、単にメモ帳が新規で開きます
%1のパラメータを指定することで、
右クリックで選択したファイルを開けるようになります。

 

 

(規定)データの箇所に、ファイルパス“%1”が表示されていればOKです。

これで設定は完了。お疲れさまでした!!

right_menu

 

 

確認してみよう

実際にファイルを右クリックして、メニューを出します。

メモ帳で開くが表示さるので、クリックしてみます。

right_menu

 

メモ帳で中身が表示されれば、成功です。

right_menu

 

 

うまくいかない場合

紹介した方法で設定してみて、どうしてもうまくいかなかったときは、
レジストリのバックアップを使って前の状態に戻してください。

 

レジストリを戻す手順

レジストリエディターを開きます。

②メニューバーから、ファイル ⇒ インポートを選びます。

レジストリインポートファイル画面でバックアップを保存した場所を指定し、
バックアップファイルを選んで、開くをクリックすると元に復元されます。

 

まとめ

今回は、右クリックメニューにアプリで開く機能を追加する方法を紹介しました。

メモ帳を使って説明していますが、自分で好きなアプリを追加できます。

便利なので、ぜひ使ってみてください。

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう👋

ABOUT ME
ゆっきぃ
2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。