PC Tips

検索結果が勝手にYahooになる【coolnewtabtheme.com削除方法】

こんにちは。ゆっきぃです🙂

Google Chromeブラウザで検索していると、何故か強制的にYahoo!の検索結果に飛ばされてしまう症状が出ることがあります。

ヘルプ通りに、標準の検索エンジンをGoogleに変更しても、やっぱりうまく行かない。

そんな時は、拡張機能ツールが原因になっていることが考えられます。

Yahooの検索ページに飛んでしまう人や、coolnewtabtheme.comのリダイレクトになる方は、以下の方法でGoogleの検索結果に戻せます。

 

(症状)検索結果が自動でYahooに切り替わる

今回は実験のため、「あいうえお」という言葉を検索してみました。

検索したいワードを入力し、通常通り検索しようとすると・・・

 

 

 

 

何故か、Yahooの検索結果に飛ばされてしまいました。

 

 

coolnewtabtheme 削除

 

 

アドレスバーに入力した時点では、アイコンもGマークになっていたし、Google検索と表示もされていました。

しかし何度やっても毎回検索結果がYahooになってしまいます。

元に戻す方法を検索するにも、Yahooの検索結果が表示されてあまり候補が出てこないという、罠にハマります😨

 

 

謎のサイトにリダイレクトされる

検索結果が表示されるまでに、いつもよりワンテンポ遅れるというタイムラグがあるのに気づきました。

そこでアドレスバーを注意深く観察していると・・・

謎のサイトに転送されました!

 

 

coolnewtabtheme 削除

 

 

一度、coolnewtabtheme.comというサイトにリダイレクト(サーバーを経由して転送)されているようです。

ネバダとか法律逃れな怪しい気配がプンプンしますね😅

 

一瞬coolnewtabtheme.comのURLが表示された後、すぐにYahooの検索ページに転送されます。

 

 

coolnewtabtheme 削除

 

 

検索ページのアドレスは米国のYahooになってます。

 

履歴も何故かGoogle検索してるはずなのに、Yahoo Searchになっています。

 

 

coolnewtabtheme 削除

 

 

Googleで検索したよりも明らかに検索結果の件数が少なくて、非常に使いづらいです😭

どうにかもとに戻す方法はないでしょうか。

 

 

原因と対策方法

coolnewtabtheme.comが犯人と思い検索してみると、海外の怪しげなページばかりでます。

ウィルスなので削除しろという直訳のおかしな日本語で書かれたページが多く、あまり当てになりません。

このソフトをインストールすれば削除できると、謎のソフトのインストールを勧めてくる中国語のサイトもあります。

むしろ違うウィルスに感染するんじゃ・・・😨

 

ウィルスを疑い数種類のメジャーなソフトで検索してみたところ、今回は何も検出されませんでした。

システムには感染していないようです。

 

原因の見つけ方・元に戻す方法

Edgeなど別のブラウザで検索するとちゃんとGoogle検索できるので、どうやら原因はChromeにあるようです。

そこで外部の拡張機能ツールが悪さをしていると考え、一つずつ削除して確かめてみます。

 

Google Chromeの右上の ︙(設定アイコン)をクリックし、「その他のツール」から「拡張機能」を選択します。

 

coolnewtabtheme 削除

 

機能拡張パネルが開くので、最近追加してから挙動がおかしくなったものを優先的に「削除」します。

 

詳細」ボタンを押して、表示されるページの下の方「Chrome ウェブストアのページに移動」を押してみて、そのページが削除されているようなら、運営が削除した=黒である可能性が高いです。

星の数が少なかったり、レビューに他の利用者から注意を促すコメントが記載されていることもあります。

犯人探しの参考にしてみましょう。

 

 

今回の原因はVideo Speed Control

coolnewtabtheme 削除

 

今回の原因は、「Video Speed Control」という、拡張機能が原因でした。

 

 

 

削除すると、無事に元通りGoogle検索できるようになりました(^o^)

 

 

ウィルス感染の心配はないの!?

この拡張機能ですが、勝手にYahooに転送するコードが含まれているマルウェアの一種だったようです。

マルウェアとは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称を言います。

今回含まれていたコードは幸いにも、他人にウィルスをばらまいたり、ファイルを破壊したりする心配はないようです。

 

ではなぜ、Yahooに転送するだけの迷惑だけどあまり意味のないコードを仕込んだのでしょうか。

単なる愉快犯という線もありますが、この種のマルウェアは、自分のサイト経由して広告を表示させることで、報酬を稼ぐ目的があるものと推測されます。

また、実際に被害に有った方の報告により、現在はGoogle側でツールが削除されていました。

一方で同じような拡張機能ツールは多数存在し、日々アップされるので、実際には運営とのイタチごっこのようです。

 

 

動画の再生速度変更ツールは非常に便利

今回原因となった拡張機能は、動画の再生速度を変更できる便利なツールでした。

Youtubeの動画はもちろん、ニコニコ動画やAmazonPrime、会社のWeb研修まで、ブラウザで表示できるものであれば、ほとんどの動画の再生速度を変更できます。

0.1倍のスロー再生から、16倍の超速聴まで0.1倍刻みで調節できます。

この機能が使えなくなるのは困るので、他にいいものはないか検索したところ評価の非常に高い「Video Speed Controller」を見つけました。

 

 

 

 

こちらは、使用していて問題は発生していません。

コントローではなく、コントローラーの方ですので、お間違えないようお気をつけください。

 

 

再生速度変更ツールをおすすめしたい人
  • Youtubeの再生速度を2倍以上で見たい方
  • AmazonPrimeVideoの再生速度を変更したい方
  • 会社のWeb研修が退屈なので倍速再生したい方
  • 塾や資格スクールの講義を倍速で復習したい方

 

まとめ

コンピュータの挙動が怪しくなった場合は、まずはウィルス対策ソフトでスキャンしてみましょう。

Windowsには標準でWindows Defenderという、わりと性能の良いセキュリティ機能が無料で入っています。

 

今回は、Chromeを使っていて勝手に検索結果がYahooに変わってしまう場合の元に戻す方法についてご紹介しました。

 

検索結果が勝手にYahooになる時の対策

 

ブラウザの拡張機能パネルで一つずつ削除していく。

 

評価の低いものやページが削除されているものは要注意!

 

 

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう👋

ABOUT ME
ゆっきぃ
2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。